全国介護政治連盟

ニュース

NEWS

全国介護政治連盟NEWSを更新いたしました。

全国介護政治連盟NEWS
発行責任者:久藤 妙子 (2019年6月吉日)
事務局:〒102-0093東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル7階 ℡:03-5215-0033


いざ!決戦まで40余日
全国介護政治連盟・全国かくた充由後援会
連絡協議会開催


全国介護政治連盟(会長:久藤妙子)・全国かくた充由後援会(会長:大山 知子)は、6月11日に、東京都内で、選挙戦前最後の連絡協議会を開催した。この日は、先に全国老施協第35回総会が開催されており、連絡協議会には多くの各都道府県代議員が出席をした。
連絡協議会では、先の5月27日に開催された全国介護政治連盟総会で検討協議された「かくた充由選挙対策」が披露され、残り40余日の活動方針の徹底を図った。
挨拶に立ったかくた充由候補予定者は、「これまでの9ヶ月、全国各地を回らせて頂いた。47都道府県で40都道府県に伺うことができたが、それでもすべてを回ることができていない。47都道府県を回りきり、最後の最後までしっかりと頑張りたい。全国各地を回り、皆さんから数々のご意見を聴かせて頂いた。どれ一つとっても介護現場の重い課題ばかりである。これらを解決していくための責任の重大さを身を持って感じている。」と語った。
この日は、かくた充由の実父かくた和之氏も会場に現れ「全国組織の支援を頂いての選挙である。従って、組織の課題に取り組むことは当然。しっかりと皆さんの課題を集めて取り組ませたい。その為には、まず当選することが第一歩。」と最後の支援を呼びかけた。


公選はがきの取扱い!期日前投票の徹底を図る!

連絡協議会では「公選はがき」の取り扱いについて説明がされた。15万枚のはがきに宛名書きをし、返信用の封筒を用いて全国かくた充由後援会事務所へ返送してもらうことを徹底し、宛名書きしたはがきをポストに投函しないよう注意を呼びかけた。
また、告示日が7月4日と見込まれていることから、7月5日~7月20日までに期日前投票を済ませるよう徹底を図る等の指示がだされた。
期日前投票には選挙用受付はがきがなくても投票できるので用事の継いでに出かけて欲しい。との呼びかけがあった。
連絡協議会では、目標20万票!各施設16票確保を図るよう檄が飛び、終了となった。


全国各地で施設訪問の徹底を!
最重点地区は関東ブロック

いよいよ後援会活動も残すところ40余日となった。残りの期間は徹底して  
施設訪問を行うよう活動方針が示された。特に最重点地区として「関東ブロック」が指名され、地元栃木県をはじめ茨城県・埼玉県・群馬県・新潟県・東京都・千葉県・神奈川県・静岡県・山梨県・そして関東ブロックの政令都市に全国介護政治連盟等の役員を派遣し、施設訪問の徹底を図ることになった。
施設訪問先で訴える事は①期日前投票に必ず行くこと②白い投票用紙には「かくた」と記入することを重ねてお願いすることを確認した。
関東ブロック・田邉信行会長は『関東ブロックで票をしっかりと集めたい。関東が票固め出来ればおのずと結果は付いてくる。頑張りたい。』と述べた。


選挙期間中の個人立会演説会開催を!

選挙期間中は、徹底して栃木県内を重点的にかくた充由候補者は回る予定であるが、この選挙期間中に個人立会演説会を計画するところは、早めに全国介護政治連盟に連絡いただきたい。選挙期間中は、後援会活動は原則できないので予め十分な打ち合わせが必要だからだ。

トップページ > ニュース一覧 > 全国介護政治連盟NEWSを更新いたしました。
- Powered by PHP工房 -